Top > おはぎの基本的な作り方

おはぎの基本的な作り方

,br> ★当店おはぎ用の粒餡をお彼岸のおはぎ作りに特別販売!お値段も格安です★

 

おはぎは今でこそ買って済ませることもできるようになりましたが、もともとは行事や来客のおりに家庭で作っていたもの。それゆえ、おはぎは誰にでも作ることができます。むしろ、昔よりも格段にキッチンの設備が良くなった現代のほうが、おはぎの作り方は簡単でしょう。
おはぎはまたの名を「半殺し」といいますが、これはもち米を半分つぶすことから付いた名。よって、おはぎの作り方においては、もち米のつぶし加減も結構重要です。
以下、おはぎの作り方。まずは基本のあんこ餅から。
〔材料(約20個分)〕
(餅)
・もち米 1.5合
・うるち米 0.5合
・水 2.4合(約430cc)
(小豆餡)
・小豆 300グラム
・上白糖 300グラム
・塩 少々
(1)小豆(あずき)はよく洗い、一晩水に浸けておきます。
(2)小豆が浸るくらい水を入れて強火にかけ、沸騰したら煮汁を捨てます。これを2~3回繰り返します。
(3)鍋に小豆の上面から2~3cmくらいの水位まで水を入れて、強火にかけます。沸騰したら弱火にして、焦げ付かないようにときどきかき混ぜながら、柔らかくなるまで1~2時間ほど煮ます(水が足りなくなってきたら足し、常に小豆が煮汁に浸るくらいになっているのを確認する)。
(5)小豆を煮ている間に、もち米とうるち米を普通に炊飯器で炊いておきます。
(6)小豆がゆで上がって舌で簡単につぶれるくらいの固さになったら上白糖を加え、小豆をつぶしながら煮ます。さらに塩少々も加えます。おはぎに丁度いいくらいの水分量になったら火からおろして冷まします。
(7)炊いたご飯を程よくつぶし(半つぶし)、食べやすい大きさにまとめておきます。
(8)まとめたご飯をあんこで包んで出来上がり。
以上の作り方はほんの一例。おはぎの作り方のメインは小豆餡(あずきあん)ですね。小豆餡の作り方は家によってまちまちですが、アクをきちんと取ることと、完全に柔らかくなった後で砂糖を加えることがポイントです。

 はとバス  家具の賢い選び方  花キューピット  巻き爪の治し方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
おはぎとは(2009年8月17日)
おはぎについて(2009年8月17日)
おはぎの基本的な作り方(2009年8月17日)
おはぎの作り方いろいろ(2009年8月17日)
丹波屋のおはぎ(2009年8月17日)