-おはぎ(ぼたもち)

2009年8月アーカイブ

おはぎとは

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっとずつ食べたい!幸せスーツ詰め合わせ!お中元 【静岡県】平田屋 和菓子2種詰合せ送料...

 

おはぎとは「萩の餅」の略称で、日本の伝統的な和菓子の一つです。
おはぎは簡単に言うと、もち米のおにぎりをあんこやきな粉、砂糖入りのすりゴマなどでくるんだもの。簡単ではありますが、なかなか奥の深い和菓子で、地方や家によって、大きさ・甘さ・材料などまちまち。しかしいずれにしても、昔は「ごちそう」でした。
おはぎは地域によっていくつもの呼び名がありますが、ユニークなものでは「半殺し」というものがあります。これは「もち米を半分つぶすから」ということからきているようで、来客のおりに家の者が、
「お客さんが来たけどどうしましょうか」
「半殺しにしようか」
というやり取りをしているのを聞いた客が逃げ出したという昔話(笑い話?)もあるようです。
おはぎは昔から多くの家庭で作られてきた「行事食」とも言えるものですが、現代は和菓子屋で買って済ませる人も少なくありません。おはぎは家庭の味とプロの味、双方が同様に受け入れられている和菓子と言えるでしょう。

おはぎについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

【おはぎ(北海道)100g】冷めても美味しい!、北海道産小豆使用、香りが良い100g×15個。

 

おはぎは日本の伝統的な行事食。それゆえ、おはぎにはそれなりの歴史があります。
おはぎはお彼岸や四十九日忌明け、来客の際などに作るお供えもの、もしくはご馳走でした。遅くとも江戸時代には、こうした風習が始まったようです。今でこそ高級菓子店がおはぎを取り扱うようになっていますが、おはぎはもともとは庶民の食べ物で、特別な日だけに口に入るものだったのです。
おはぎの正式名称は「萩の餅」。これが転訛して「おはぎ」になりました。しかし正確には、
春のお彼岸 牡丹餅(ぼたもち)
秋のお彼岸 萩の餅
といい、それぞれその花になぞらえてその名前が付いたもよう。しかしどちらも同じ食べ物です。また、ほとんど使われていませんが、夏と冬とでも、
夏 夜船
冬 北窓
との名前が付いています。

とはいえ、上記の呼び名は、地方や場所によって大分違うようで、ほかには「半殺し」「おべたべた」「隣知らず」といったものがあります。一方、春でも「おはぎ」、秋でも「牡丹餅」と呼ぶなど、現代では季節による呼び分けの境界もあまりなくなってきているようです。

 起業  精神病院体験記  宅ファイル便  転職
,br> ★当店おはぎ用の粒餡をお彼岸のおはぎ作りに特別販売!お値段も格安です★

 

おはぎは今でこそ買って済ませることもできるようになりましたが、もともとは行事や来客のおりに家庭で作っていたもの。それゆえ、おはぎは誰にでも作ることができます。むしろ、昔よりも格段にキッチンの設備が良くなった現代のほうが、おはぎの作り方は簡単でしょう。
おはぎはまたの名を「半殺し」といいますが、これはもち米を半分つぶすことから付いた名。よって、おはぎの作り方においては、もち米のつぶし加減も結構重要です。
以下、おはぎの作り方。まずは基本のあんこ餅から。
〔材料(約20個分)〕
(餅)
・もち米 1.5合
・うるち米 0.5合
・水 2.4合(約430cc)
(小豆餡)
・小豆 300グラム
・上白糖 300グラム
・塩 少々
(1)小豆(あずき)はよく洗い、一晩水に浸けておきます。
(2)小豆が浸るくらい水を入れて強火にかけ、沸騰したら煮汁を捨てます。これを2~3回繰り返します。
(3)鍋に小豆の上面から2~3cmくらいの水位まで水を入れて、強火にかけます。沸騰したら弱火にして、焦げ付かないようにときどきかき混ぜながら、柔らかくなるまで1~2時間ほど煮ます(水が足りなくなってきたら足し、常に小豆が煮汁に浸るくらいになっているのを確認する)。
(5)小豆を煮ている間に、もち米とうるち米を普通に炊飯器で炊いておきます。
(6)小豆がゆで上がって舌で簡単につぶれるくらいの固さになったら上白糖を加え、小豆をつぶしながら煮ます。さらに塩少々も加えます。おはぎに丁度いいくらいの水分量になったら火からおろして冷まします。
(7)炊いたご飯を程よくつぶし(半つぶし)、食べやすい大きさにまとめておきます。
(8)まとめたご飯をあんこで包んで出来上がり。
以上の作り方はほんの一例。おはぎの作り方のメインは小豆餡(あずきあん)ですね。小豆餡の作り方は家によってまちまちですが、アクをきちんと取ることと、完全に柔らかくなった後で砂糖を加えることがポイントです。

 はとバス  家具の賢い選び方  花キューピット  巻き爪の治し方

★当店おはぎ用の粒餡をお彼岸のおはぎ作りに特別販売!お値段も格安です★

 

おはぎの作り方は、家によってまちまちですが、もち米と小豆餡(あずきあん)を使うことは共通しているようです。ここではこれらの材料以外のものを使ったおはぎの作り方の例をいくつかご紹介します。
・もちの部分を作る際、もち米にうるち米を混ぜる。
・もち米は一切使わず、うるち米だけで作ると、あっさりした仕上がりになる。
・砂糖を混ぜたきな粉やすりごま、枝豆の餡(ずんだ)やさつまいもの餡など、餅を包むものをいくつか用意して、カラフルなおはぎにする。
・季節のフルーツを餅の中に入れたり、トッピングに使ったりする。
・チョコレートやカスタードクリームやジャムなどの洋風の材料を餅の中に入れたり、餅に塗ったりする。
特に洋風の材料を使った作り方は、人によって好き嫌いの差が大きいですから、こうした作り方は万人にはオススメできませんが、興味のある方はぜひお試しください。きっとおはぎの新境地が開けることでしょう。

 バスフィッシングはイマカツのジャバロンハード

丹波屋のおはぎ

| コメント(0) | トラックバック(0)

女性に大人気。美容にも健康にもいい小豆だからでしょうか。ぜひご賞味ください。【おはぎ】甘...

 

おはぎはもともと家庭料理ですが、今ではお店で買う時代になり、おはぎを取り扱っている老舗や有名店も珍しくなくなりましたし、コンビニでも売っています。
おはぎで有名なお店の代表的なものとして、丹波屋があります。丹波屋は関西を中心とした地域で展開されている和菓子のチェーン店。
丹波屋は2007年10月現在、オフィシャルサイトはないようですが、関西では結構親しまれているようで、CMなどでも有名です。
丹波屋のおはぎの味は、とびきり美味しいというわけではありませんが、お値段は手ごろで「庶民の味」。そんな丹波屋の特徴が、関西という土地柄にマッチして、なんだかんだ言われながらも、しっかり関西に溶け込んでいるようです。
丹波屋は前述のように、和菓子屋なので、おはぎだけでなく、各種和菓子も取り扱っています。丹波屋に立ち寄る際は、おはぎはもちろん、ほかの和菓子もお試しになってはいかがですか。

 マリークヮント  レンタルウエディングドレス  バストアップ

おはぎの丹波屋

| コメント(0) | トラックバック(0)

厳選素材のおはぎ(冷凍便商品・冷蔵便商品)

 

おはぎで有名な丹波屋は、正式名称を「株式会社おかきとおはぎの丹波屋」といい、関西ではよく知られている和菓子のチェーン店です。

丹波屋の看板商品は、会社名のように、おかきとおはぎですが、そのほかにも、桜餅、豆大福、みたらし団子、きなこ餅、あげまん、酒まん、かしわ餅、五平餅、うぐいす餅などといった、日本人に親しまれている伝統的な和菓子を取り扱っています。

丹波屋は派手さはありませんが、その素朴な味が受けているようで、多くの人が、ちょっと甘いものが食べたくなったときに、お茶のお供におはぎのような和菓子を買っていきます。

近年は日本人の食生活の欧米化も進み、子どものおやつも、洋菓子やスナック菓子が多く取り入れられるようになりました。しかしこうしたお菓子は、あまり体に良くありません。しかし和菓子なら、卵や油を使っていないものが多く、洋菓子と比べるとヘルシー。おはぎに代表される丹波屋の和菓子、大人だけでなく、子どものおやつとしてもいかがですか。

 デニムダンガリー  高齢出産のノウハウ  女性の病気  マカの効果
カテゴリー
更新履歴
おはぎとは(2009年8月17日)
おはぎについて(2009年8月17日)
おはぎの基本的な作り方(2009年8月17日)
おはぎの作り方いろいろ(2009年8月17日)
丹波屋のおはぎ(2009年8月17日)
カテゴリー
更新履歴
おはぎとは(2009年8月17日)
おはぎについて(2009年8月17日)
おはぎの基本的な作り方(2009年8月17日)
おはぎの作り方いろいろ(2009年8月17日)
丹波屋のおはぎ(2009年8月17日)